診断方法

診断方法

ホームインスペクションの診断方法は非破壊を前提にして、目視で住宅のコンディションを把握して
報告いたします。

~診断項目~

外回り 基礎
外壁
屋根
軒裏
雨どい
バルコニー
表面のクラック(ヒビ割れ)
外装材の表面のクラック(ヒビ)、シーリング材
屋根材の形状、仕上げ材表面
仕上げ材表面
樋、支持金物
防水性、手すり、支持部材
室内
柱、梁

天井
階段
仕上げ材表面
屋内に面する部分のヒビ、水染み跡
仕上げ材表面、傾斜、腐食状況
仕上げ材表面、ヒビ、水染み跡、腐食状況
歩行時の変化、傾斜
床下 床組材
接合金物
基礎
地面
土台・床組み材・束の腐れ、シロアリ被害の有無
緩み、錆び
クラック(ヒビ割れ)
土、コンクリート状況の確認、廃材の有無
天井裏 小屋組み
野地板
接合部
梁・桁・その他の水染み跡、腐れ、シロアリ被害の有無
水染み跡、腐れ
緩み、錆び

~診断道具(一例)~

オートレーザー


縦横方向に伸びる赤いレーザー光で床や壁の傾斜を測ります。計測値によって地盤沈下や施工の不備が無いかを確認します。

木材含水率計測器


床下や天井の木材が含んでいる水分の量を計測します。含水率を計測することでカビや腐れが発生しやすいかを判断でき、今後の木材の劣化速度が予想出来ます。

精密水平器


洗面台や物入れなどは水平器を利用して精度を測ります。

~診断時間~

家の大きさによって前後しますが、おおよそ3~5時間を予定しています。
セスコでは診断を1次、2次に分けずにすべてを行うことが前提のため、基本的に診断日が増えることはありません。



PAGE TOP