害獣駆除について

害獣駆除について

セスコが提案する最先端の害獣防除

セスコではトラップ敷設や毒エサ使用などの従来型の施工と、特殊機器を使用した最新の技術を組み合わせたハイブリット施工を提案しています。
従来のもののみではお住まいの方に薬剤などの悪影響を及ぼす恐れがありましたが、安全な薬剤と特殊機器による施工ではその心配がありません。
迅速な応急処置として大活躍しています。

ネズミ

ネズミは非常に小さな穴からも侵入してくる害獣です。カタコトと走り回る音やガリガリと削る音など、見えない場所から来る騒音で住んでいる方が不眠症やノイローゼになってしまうケースもあります。またネズミはダニや菌を媒介させる他、電気配線を齧ることによって起こる火災の危険性もあります。

<ネズミの駆除方法>
トラップを設置しての捕獲、侵入する穴塞ぎと追い出し作業、糞尿の清掃と雑菌の消毒も行います。

ハクビシン

ハクビシンは比較的大きな穴から侵入する害獣ですが、その被害も大きくネズミとは音の大きさ、糞尿の量も桁違いです。また糞尿からの異臭やダニ・ノミなどの蔓延、糞尿で天井にシミが出来たり、酷い場合には糞尿の重みで天井が抜けることもあり、大きな2次災害を招く恐れがあります。

<ハクビシンの駆除方法>
基本的にはネズミと同様の施工ですが、個体も大きいため大がかりな作業を伴うこともあります。また、糞尿の清掃に伴い断熱材を撤去するケースもあります。

ハト

ハトは屋根裏などに穴があれば空から侵入してきて住み着きます。住み着いたハトは夕方から夜にかけて、屋根裏などに長時間滞在して大きな騒音被害を起こします。
また、空飛ぶネズミとも言われていて、衛生面で非常に厄介な生き物です。


<ハトの駆除方法>
追い出し作業や穴塞ぎ。またハトの場合には雨どいなどに止まったりしないようにハト除けを使います。

まずは無料でお問い合わせ下さい

 

PAGE TOP