基礎クラック~ヒビ割れ

基礎クラック~ヒビ割れ

地震大国の日本

まず、近年の住宅を取り巻く問題において1番お問い合わせを頂いているのが耐震問題です。関東大震災の時や十勝沖地震、阪神・淡路大震災の時など、非常に大きな地震の発生に合わせて幾度となく見直されてきて、世界でもトップクラスの耐震基準を誇っています。それでもなお、大きな地震の際には被害は発生しました。単純な倒壊や一部倒壊だけに限らず小さな損壊も含めると、日本では日々地震が起きており、それにより数えきれないほどの被害を被っています。
つまり、現在の住宅において地震の影響を完全に無くすまでには至っていません。

ヒビ割れによる影響

上の写真や右の写真のように、外壁や基礎にヒビ割れが入ったお宅を見たことがありませんか?これらヒビ割れの事を工業用語でクラックと言います。
外壁に入ったクラックは見た目の悪さだけでなく、雨漏りの原因になる問題があります。そして基礎に入ったクラックは、耐震基準に基づいて建てられた住宅の強度を弱めてしまうものです。クラックが発生した後に大きな地震などが起きれば、さらに大きな住宅の損傷に繋がってしまいます。
これらの問題解決の為には早い段階での対策が必要です。基礎を完全に打ち直したり、基礎全体を耐震補強することも大切ですが、予算面で非常に大きな金額がかかってしまいます。

セスコの耐震提案

そこで、早期に対策を行うためにヒビ割れ一箇所からの基礎補修など、セスコでは必要最低限の耐震補修も行っております。
お客様の予算や住宅の状態を考慮して、必要に応じてのクラック補修や耐震補強などを提案させていただいておりますので
「ヒビ割れが気になるけれど大金が掛かるのではないか」と不安なお客様にも安心してご依頼いただけます。

セスコのクラック診断

上の写真は早急な補修が必要だったケースです。セスコでは資格を持った専門家が実際に点検し、写真を撮ってお客様にお見せして説明するので現状の把握と必要な対策が明確にわかります。
また、基礎のヒビ割れは内側から見てみないとわからないケースも多くあるので、セスコでは外側だけでなく必ず内側と両方から点検を行い、確実な診断を行います。

基礎クラックの補修

上の写真はクラック補修の施工後です。目安としては0.5mm以上のヒビ割れを基準として何らかの対策が必要と言われています。とは言ってもどれが基準以上のヒビ割れなのかは専門家でないと判断はつきにくいです。また、基準以下であっても補修をした方が良いケースなどもあります。セスコは決して、必要のない工事を無理に勧めたり押し売りをするような販売方法はとっておりません。まずは一度、気になる方はセスコの無料診断にお申込みください。

基礎はお家の足腰

たくさんのヒビ割れがある場合には、その家の地盤であったり構造に問題がある可能性もあります。その場合、ただヒビ割れを補修するだけではなく問題の原因を突き止めることも必要となることもあります。
セスコではホームインスペクション(住宅の総合診断)を行うことができるので、一部を見るだけでなくトータルでのハウスケアも可能です。


PAGE TOP