シロアリ

シロアリ

住宅の捕食者、シロアリ

家屋に発生する害虫の中で最も深刻なダメージを与える害虫はシロアリです。シロアリは木材を栄養源とするため、家屋に使用されている木材を好んで食べます。主に床下から侵入して、木材の内部に被害を与えるため発見が遅れ、気付いた時には多大な被害が出てしまうこともあります。セスコでは日本シロアリ対策協会認定の防除士という、シロアリ対策のエキスパートが防除施工を行っています。

施工方法

木部吹き付け処理・土壌散布処理

木部吹き付け処理は床下の木部全体に薬剤を吹き付けて処理を行います。この処理を行うことで木部をバリアするようなイメージで、シロアリの忌避を行います。

また、土壌散布処理は床下の土壌、またはコンクリート部分全体に薬剤を散布することで、シロアリを床下空間、床上に上がって来ることが出来ないように防除します。

木部穿孔注入処理

床下の束柱、土台といった木部に穴を開けて、薬剤を木材の内部に注入して浸透させます。また、床上に発生した被害箇所にも状況に応じて穴を開けて薬剤を注入します。格安の業者などではこの処理を行わなかったり穴を開ける数が少なかったりしますが、この処理を行うことで万が一シロアリに侵入されてしまった際に被害を拡大させないように出来ます。また、すでに発生している被害に対してはこの処理を行わなくては完全にシロアリを駆除することはまず出来ないと思って良いほどです。

スラブ処理

玄関や浴室の下は湿気がこもりやすく、シロアリの被害が多い場所でもあります。しかし、構造によって人が侵入することが出来ない事があるため、その際には床上から穴を開けて土壌部分まで特殊なノズルを入れ、薬剤を注入した上で元の状態に戻します。これを行わない業者も中にはありますが、この処理が無くてはちゃんとシロアリを防ぐことはまず不可能で、必須の作業だとセスコは考えています。

PAGE TOP